退職するとき

事業主の方へ

加入者に次の内容を説明してください。

退職される加入者(従業員)に対する説明事項

従業員(複写DCプランの加入者)が退職される時は、以下の内容について説明する必要があります。

退職される方の今後の立場(国民年金保険被保険者の種類)によって内容は異なりますので、退職者向け説明資料等を活用して十分な説明を行ってください。

(1)移換の手続き 資格喪失した日の属する月の翌月から起算して6ヶ月以内に他の企業型確定拠出年金または個人型確定拠出年金へ移換する旨を申し出なければならないこと
(2)自動移換 移換の手続きを申し出なければ、個人別管理資産が国民年金基金連合会に自動移換されてしまうこと
(3)手数料 国民年金基金連合会へ資産が自動移換される時と移換資産が管理されている期間に手数料が発生すること
(4)自動移換による制約 国民年金基金連合会へ自動移換された場合、年金資産の運用が制約され、十分な年金額を確保できなくなるおそれがあること

 退職者向け説明資料

退職される加入者に対して、以下の退職者向け説明資料を配布してください。

★【日本複写産業DCプラン 個人型手続き等の説明】
★【ポータビリティと脱退一時金】
★【個人型年金の手続きに必要な情報】
★【個人型年金受付金融機関一覧(国民年金基金連合会ホームページへ)】

このページの一番上へ